前へ
次へ

法律を身近に感じて学べるテレビ番組

普通の人は「自分は法律違反などしない」と考えているでしょう。
しかし法律は刑法だけではありません。
例えば隣の庭に生えている果物の木が大きく育ち、自分の家の敷地まで枝が伸びた場合、ご近所トラブルになることも十分あります。
こういったときに適用されるのは民法といって、より身近なことについて取り決められている法律です。
民法によると、枝が敷地に侵入してきたからと言って勝手に切ることはできませんが、裁判で隣の人に木を切らせることは可能です。
もし勝手に木を切ってしまうと、逆にこちらが刑法の器物損壊罪に当たります。
ただ、もし隣の木の根っこが侵入してきた場合、これは法律的に自分で切ることが可能です。
ただ、ご近所トラブルを招かないためにも一言声をかける方がいいでしょう。
さらに、隣の木になっている果物が自分の庭に落ちてきた場合ですが、これは勝手に食べることは法に触れることになります。
「おたくの実が落ちましたよ」「迷惑をかけてすみません、召し上がってください」というご近所づきあいができればベストでしょう。

Page Top