前へ
次へ

身近な場所にも厳しいルールが適用されます

普段は法律というものについてあまり考えたことのない人でも、受動喫煙対策法という法律を耳にすることも多いと思います。
タバコから出る副流煙は本人が吸う主流煙よりも有害物質が多く含まれていることが知られています。
喫煙の習慣のない人が息切れが続くようになったり慢性気管支炎や喘息を患うことがあれば、それは受動喫煙が原因かもしれません。
それにも関わらず、受動喫煙を避けられない環境で過ごさなければならない人が大勢います。
受動喫煙の健康への被害は明らかにされているのに長い間法律として対応できずにいました。
しかし2020年4月にはこの法律が前面施行となり病院や学校、行政機関など多くの場所で喫煙できなくなります。
今後はヘビースモーカーの人にとって居心地の悪い環境となりそうですが、年間に100万人以上の人がタバコが原因とする何らかの病気を患っていると考えれば、当然のルールかもしれません。
しかもこの法律は罰則があるので、安易に考えていると痛い目に遭いそうです。

Page Top