前へ
次へ

就業規則の見直しと経営者の取り組みについて

最近の会社では、就業規則に書かれていない内容の作業を多くやっていると思う。
時間外労働や残業時間の大幅超過など実際に働いてみて少し規則に反していると感じた事はないだろうか。
働き方改革の影響もあって時間外労働や残業時間の見直し、有給の使い方が大きく改善されている中、中小企業など規模が小さな会社では、見直す余裕が無く改善されていないケースがあると思った。
労働者の立場に立って会社自体が見直す考えを示せば、労働者も心や体の体力に余裕ができ効率や質の良い業務を行う事ができるようになると思った。
また、質の良い業務を行う事で会社自体の売り上げが上がり良い方向に傾くと感じた。
しかし、有給を自由に使ったり残業時間を短縮してしまうと会社自体回らなくなり売り上げが下がってしまうと経営者たちは感じているのだろう。
経営者は、就業規則を見直し働きやすい環境を整えて、仕事の質が高い会社を作る取り組みをする必要があると思った。

Page Top